2010年03月29日

貨物船衝突 1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡(毎日新聞)

 28日午前0時15分ごろ、徳島県と兵庫県・淡路島に架かる大鳴門橋直下の鳴門海峡で、広島県江田島市の船舶会社「アジアシップトレーダー」所有の貨物船「日進丸」(199トン)と、マーシャル諸島船籍の貨物船「OUTSAILING(アウトセーリング)9」(2926トン)が衝突。日進丸は沈没し、乗組員4人のうち1等航海士の千原伸也さん(36)=熊本県上天草市=と、機関長の堀金幸治さん(59)=松山市=が行方不明になった。徳島海上保安部などが巡視船やヘリで周辺海域を捜索している。

 日進丸の残る2人はO号に救助されたが、負傷しておりヘリで徳島県小松島市の病院に運ばれた。O号の中国人乗組員15人にけがはなかった。

 徳島海保によると、事故直後に日進丸から「外国船と衝突し浸水している」と118番通報があった。救助された乗組員は「4人全員が船外に脱出した」などと説明しているという。

 4人は、日進丸の運航を請け負った愛媛県愛南町の海運会社「戎海運」の従業員。日進丸は工業用機械を積んで広島県の呉港から神奈川県の川崎港へ、O号は千葉県の市原港から広島県の福山港へ向かう途中だった。

【関連ニュース】
<海難事故の写真特集>イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む
<海難事故の写真特集>漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ
海難事故:台湾漁船機関長、金華山沖で不明 海保きょう捜索
ボート転覆:不明の自衛官、遺体で発見 北海道苫小牧
海難審判:明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決

鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?(産経新聞)
日露戦争のロシア人捕虜弔う…松山(読売新聞)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
大阪・城東で民家火災 2人搬送(産経新聞)
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑−沖縄県警(時事通信)
posted by ヨコヤマ タダシ at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<自立支援法訴訟和解>国と原告「共に考え」(毎日新聞)

 全国14地裁で71人が国を訴えた障害者自立支援法の集団違憲訴訟は24日、さいたま地裁で初の和解が成立した。1次提訴から11カ月後に政権が交代し、判決前に国が法律廃止を表明した「行政訴訟史上まれな裁判」(竹下義樹・原告弁護団長)は、障害福祉法制を大きく転換させるきっかけとなった。だが、財政難を背に、持続可能な新制度を確立する道のりは厳しい。【野倉恵】

 障害者福祉サービスは03年度、利用者がサービス内容を選び事業者と契約する「支援費制度」に転換した。支払い能力に応じた負担となり「障害者の意見を国が相当くんだ、一つの到達点」(障害者団体幹部)と歓迎された。

 だが、サービス量の急増で初年度から100億円超の財源不足になり、06年度、1割を原則自己負担する自立支援法が導入された。

 所得保障が十分でなく障害が重くなるほど負担も重くなる仕組みだったため、年金や福祉手当に頼る障害者を圧迫。福祉施設を営む事業者も、定員に応じて毎月支払われていた報酬が、利用実績による日割り計算となり、経営を圧迫された。原告第1号の秋保喜美子さんは「障害を『自己責任』とみなす仕組み」と批判した。

 長妻昭厚生労働相は就任4日目に同法廃止を表明。訴訟を支える障害者団体幹部らと旧知の山井和則政務官が「私もこの法律施行後、施設経営者の親友を亡くした。共に新たな仕組みを考えてください」と原告側に語りかけ、交渉を始めた。厚労省は負担実態を初めて調べ昨年11月、障害者の87%で月平均8518円の負担増が判明した。

 昨年12月には10年度予算案での低所得者の負担無料化を巡り、弁護団が政務官室で詰め寄る場面も。結局、ホームヘルプや車椅子修理などは住民税非課税世帯で無料化されたが、手術などの医療費に負担が残った。

 先行きに不透明感も残り、訴訟終結へ見通しがついたのは、今年1月7日の「基本合意調印式」の1時間前だった。

 ◇財源確保が緊急課題

 支援法は当面、新制度ができるまで継続する。低所得者の医療費の無料化が緊急課題とされるが、約200億円の財源が必要だ。

 縦割りだった身体、知的、精神の障害福祉を一元化して、精神障害をサービス対象に加えた点は、「支援法の長所としてくむべきだ」との関係者の指摘はあるが、基本合意では「障害者の意見を踏まえることなく、拙速に」導入されたと自戒する。新制度は、障害者やその家族が6割を占める政府の「障がい者制度改革推進会議」が議論の場。制度の谷間をなくすため、難病や発達障害、高次脳機能障害などを含めるか、障害の範囲も再検討する。メンバーの障害者団体幹部は「私たちは政府を批判してきたが、今後は批判覚悟で、国民に共感される議論をしないと」と話している。

 ◇障害者ら「新法見守る」

 原告の障害者や支援者らは閉廷後の集会で「本当に障害者のためになる法律ができるまで安心できない」と声をそろえた。

 地裁近くであった集会には約320人が参加。原告の中村英臣さん(41)の母和子さん(69)は「ひどい法律が廃止されて新法が動き出すまで、しっかり見守りたい」と決意を語った。【飼手勇介、町田結子】

【関連ニュース】
障害者自立支援法訴訟:和解…負担ゼロ、母の願い
障害者自立支援法訴訟:国と初の和解…さいたま地裁
障害者自立支援法訴訟:来月21日に和解成立 東京地裁
障害者自立支援給付:新宿区が「65歳以上認めず」の内規
障害者自立支援法訴訟:東京訴訟、来月21日に和解成立

ベトナムの貨物船、北海道石狩浜に乗り上げ(読売新聞)
強風で運休相次ぎ、ダイヤに乱れ…JR京葉線など(読売新聞)
北朝鮮へ化粧品など不正輸出 経営者ら有罪(産経新聞)
乳児殺害の母、「首絞めてしまう」と3日前相談(読売新聞)
小沢幹事長の辞任望ましい、枝野刷新相が示唆(読売新聞)
posted by ヨコヤマ タダシ at 06:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)

 18日午前10時15分ごろ、千葉県栄町三和の国道356号交差点で競技用自転車に乗って練習中の同県成田市滑川、競輪選手、富澤勝行さん(29)が、前から来た大型トラックにはねられ、頭などを打って死亡した。

 県警印西署によると富澤さんは歩道を走っていたが、歩道脇の鉄柱(高さ1.1メートル)に接触し、バランスを崩して車道に飛び出したらしい。富澤さんは高校時代に国体スプリントで3位入賞し、09年12月までの2年間は上位ランクのS級で出走していた。今月14日にあった久留米競輪A級で準優勝した。【神足俊輔】

【関連ニュース】
ひき逃げ:米憲兵隊が女性下士官拘束 沖縄県警が出頭要請
ひき逃げ:米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄
交通事故:重体の小3男児も死亡 名古屋・正面衝突
交通事故:衝突に巻き込まれ、歩道の夫婦死傷 大阪・和泉
3人死亡事故:センターラインはみ出た可能性 名古屋

村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
<井上靖>日中戦争での従軍日記を公開 18日から静岡で(毎日新聞)
同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告−東京医大(時事通信)
posted by ヨコヤマ タダシ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。