2010年05月28日

秋葉原殺傷事件の惨状思いだし涙…女性目撃者の傷、いまも癒えず(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第10回】(3)

 《事件現場の交差点で救護活動中に加藤智大(ともひろ)被告(27)に刺された男性警察官の証人尋問が終了し、続いて法廷内に遮蔽(しゃへい)措置が取られ、この日2人目の証人が出廷してきた》

 裁判長「どうぞそこにお座りください」

 証人「あ、はい」

 《声からは証人は若い女性のようだ。名前や生年月日を村山浩昭裁判長が確認し、宣誓書を朗読するように証人に告げた。証人は正直に答えることを誓い、女性検察官による尋問が始まった。女性検察官ははっきりと法廷に通る声で質問していく。加藤被告は少し下を向いた状態のままだ》

 検察官「あなたは平成20年6月8日に秋葉原の現場にいましたね?」

 証人「はい」

 検察官「あなたが見聞きしたことを聞いていきます。友達と遊ぶために秋葉原に来ましたね?」

 証人「はい」

 検察官「午後0時25分に駅に到着しましたね?」

 証人「はい」

 検察官「駅では1人でしたか」

 証人「はい」

 検察官「駅に着いてから外神田3丁目の交差点に歩いたんですね?」

 証人「はい」

 検察官「事件直前はどこにいましたか」

 証人「交差点を渡っていました」

 《証人は、検察官にうながされ、法廷の大型モニターに映し出される見取り図に、現場の交差点の横断歩道や自分がいた場所などを示した。事件現場の惨状を目撃した様子が語られ始める》

 検察官「信号は確認しましたか」

 証人「青でした」

 検察官「渡り初めてから何が起きましたか」

 検察官「目の前の人たちが北の方向に逃げ始めました」

 《交差点にトラックが突っ込んできたため、交差点にいた人が、北側にある大型電器店「ソフマップ」の方に逃げた様子を証人は説明する》

 検察官「あなたはどうしましたか」

 証人「何が起こったのか分からず、同じように北に逃げました」

 検察官「そこで何が見えましたか」

 証人「トラックが突っ込んでくるのが見えました」

 検察官「スピードはどうでしたか」

 証人「車を運転したことがないので時速何キロとか分かりませんが、すごいスピードでした」

 検察官「ブレーキをかけた様子はありましたか」

 証人「ありません」

 検察官「トラックにひかれている人を見ましたか」

 証人「はい。見ました。車輪に横たわっているようにひかれていました」

 検察官「車輪の近くに人がいましたか」

 証人「自分から見て右側の車輪の下に頭を北側にして人がいたのを見ました」

 《加藤被告が運転していたトラックにひかれた被害者が、トラックのどこで横たわっていたのかを詳しく質問する検察官。トラックの正面からの写真を提示し、被害者がどこにいたのかを書くよう指示した》

 検察官「その後の状況を聞いていきます。逃げた後、交差点の方を見ましたか」

 証人「はい」

 検察官「人が倒れているのを見たときのあなたの位置を書いてください」

 証人「はい」

 検察官「倒れている人がいた地点を書いてください」

 証人「はい」

 《証人は交差点内の横断歩道近くにA、Bと、2人の被害者の位置をペンで記した》

 検察官「あなたは倒れている人を見てどうしましたか」

 証人「Bさんには救助する人がいたので、Aさんを救助しないと、と思ってAさんに近づきました。恐る恐る近づきました」

 検察官「恐る恐る近づいたのはなぜですか」

 証人「もしかしたら死んでるかもと思い怖かったので」

 検察官「Aさんの様子はどうでしたか」

 証人「ぐったりしていました」

 検察官「あなたは何をしましたか」

 証人「大丈夫かを聞きました」

 検察官「反応は?」

 証人「全くありませんでした。急いで専門の人、救急車を呼ばないと思い、携帯を取り出して、110番通報しました。119番にかけようとしましたが動揺していて110番にかけました」

 検察官「警察には何と告げましたか」

 証人「事故ですと伝えました」

 検察官「倒れている人の人数を聞かれましたか。何人と答えましたか」

 証人「3人と答えました」

 検察官「先ほどは2人とおっしゃってましたので、もう1人をCと図面に書いてください」

 証人「はい」

 検察官「Cの人には何が起きましたか」

 証人「Cさんを救助しようとしている人に近づいている人を見ました」

 検察官「どんな人でしたか」

 証人「覚えていません」

 検察官「Cさんに近づいている人はどんな人でしたか」

 証人「警備員か警察官のような服装の人でした」

 検察官「制服の人に近づいた人は何をしましたか」

 証人「制服の人にぶつかりました。制服の人は崩れるように倒れました。何が起きたか分かりませんでした」

 《証人は、先ほど証人として出廷した男性警察官の◯◯警部補が、加藤被告に刺されたときの様子を語っていく》

 検察官「何か声は聞こえましたか」

 証人「『刃物持ってるぞ!』という声が聞こえました」

 検察官「その声を聞いて何をしましたか」

 証人「ソフマップの中に逃げました。みんなすごい勢いで逃げました」

 検察官「逃げた後はどうしましたか」

 証人「しばらくして外に出ました」

 検察官「それはなぜ?」

 証人「110番の電話を切っていなかったので、警察官に『状況を教えてください』といわれたからです。交差点の方を見たところ、先ほどより人が倒れていました」

 検察官「何人ぐらいですか」

 証人「5、6人です」

 検察官「何が起きたと思いましたか」

 証人「事故に便乗して通り魔が出たのかと思いました」

 検察官「110番の電話に説明できましたか」

 証人「被害者は何人ですかと聞かれ、『5人倒れています』と答えましたが、『よく分からないです』みたいな動揺した感じで伝えました」

 《証言する証人の声まで動揺の色がみえ始めた》

 検察官「救助している人の様子で印象に残っている人は?」

 証人「そうですね…」

 《証人の声は涙声になり、口ごもってしまう》

 証人「泣きながら救助している様子を見ました」

 検察官「いま泣いてらっしゃいましたが、その場面を思いだしましたか」

 証人「そうですね…」

 《続いて質問は事件で証人が受けた影響に移る》

 検察官「次に目撃したことへの影響を聞いていきます。あなたはコンピュータープログラマーとして働いていましたが、仕事を休むなどの影響はありましたか」

 証人「事件の次の日、仕事を休みました。事件のショックで外を歩くのが怖かったので…」

 検察官「体に変調はありましたか」

 証人「ありません」

 検察官「仕事に影響はありましたか」

 証人「3カ月ぐらいは事件の現場を思いだしました」

 検察官「それでどういう状態になりましたか」

 証人「鬱々(うつうつ)とした気分になりました」

 検察官「どういう場面を思いだしましたか」

 証人「トラックが突っ込んできたり人が3人倒れている場面を思いだしました」

 検察官「事件から2年近くたちますが、現在はどうですか」

 証人「やはり似たような事件があったりすると思いだします」

 検察官「証人として出廷すると聞いたのは昨年の11月ですが、最初はどうでしたか」

 証人「正直いやでした。話すと思いだして鬱々とした気分になるので」

 検察官「それでも出廷したのは?」

 証人「あのとき、何もできなかったので、証言することで遺族や裁判で何か貢献できるのならと思いました」 

 《証人は再び涙声になった》

 検察官「事件をどう思いますか」

 証人「被告人に対しては法律にのっとって人として処罰を望みます。被害者には、あのとき、助けてあげられなくて申し訳ありません」

 《検察官からの尋問は終了、弁護人による質問に移った。証人は再びはっきりとした声で質問に答え始める》

 弁護人「事件当時のことを聞いていきます。交差点にいたとき、ぶつかった音は聞いていませんか」

 証人「聞いてないです」

 弁護人「トラックを正面から見ましたか。まっすぐ突っ込んできて歩道に乗り上げるような位置関係でしたか」

 証人「はい。歩道と車道の境目でトラックを見ました」

 弁護人「(図示した)交差点内を(イ)から(ウ)まで移動したということですが、トラックがハンドルを切る様子は見ていない?」

 証人「はい。そのときは本当に一生懸命逃げていたので」

 弁護人「トラックにどんな人が乗っていたか見ていましたか」

 証人「運転席よりも、ひかれている方の印象が強くて…。運転されている方までは見ていないです」

 《証人の女性は丁寧に言葉を選び、ハッキリした口調で尋問に応じる》

 弁護人「男が走っている様子は見ていないのですか」

 証人「電話しているときはこの場所を伝えるのに一生懸命で。必死だったので、駆け抜けるのとかは見ていないし、分からないです」

 弁護人「男がぶつかっている様子は見た?」

 検察官「異議があります。男が『ぶつかった』ではなく、『覚えていない』と証言しています」 

 《検察官の異議に、弁護人は質問を変えた》

 弁護人「先ほど、制服の人を見たということですが、警察官か警備員だと思いましたか」

 証人「その当時は、警察官か警備員かという判断は…。でも、警備員だと思っていました」 

 弁護人「事件より前に秋葉原に来たことは?」

 証人「秋葉原に来たことはありますが、この付近には来ていないです」

 弁護人「ビルにガードマンがいるかは知っていましたか」

 証人「たまに行くぐらいで、何度も行ったりはなかったので。そういったことはあまり知りませんでした」

 弁護人「尋問を終了します」

 裁判長「午前中の証拠調べは予定通り終了しました。午後は1時半から再開とします。まず被告人が退廷します」

 《午前の審理は終了。午前中の証人尋問でほとんど表情に変化を見せなかった加藤被告は、傍聴席に一礼して退廷した》

 =(4)に続く

【関連記事】
秋葉原殺傷 きょう第10回公判 刺された警察官が出廷
加藤被告逮捕の警察官「女性の背中にナイフが」
加藤被告からの手紙、読まずに返送「二度と受け取らない」
証人「忌まわしい記憶、傷口に塩」 弁護側の戦術を痛烈に批判
「ヤケかと思ったが、殺気を感じ…」事件当時の恐怖語る目撃者

マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)
普天間調整難航、連立残留で亀井氏が福島氏説得(読売新聞)
普天間移設 民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし(毎日新聞)
口蹄疫、政府が対策提示 10キロ圏内、20万頭処分 (産経新聞)
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)
posted by ヨコヤマ タダシ at 20:02| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

<神奈川歯科大>歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡(毎日新聞)

 神奈川歯科大(神奈川県横須賀市)のアメリカンフットボール部が15日に開いた新入生歓迎コンパで、多量の酒を飲んだ1年生の男子部員(25)が翌日に死亡していたことが分かった。男子部員は糖尿病だったといい、県警横須賀署は遺体を司法解剖して、飲酒と死亡の因果関係を調べている。

 同大などによると、コンパは15日夜に同市内の居酒屋で開かれ、部員や新入生らが参加した。男子部員は友人に付き添われて帰宅し、翌16日朝、病院に運ばれたが死亡したという。【吉住遊】

【関連ニュース】
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:早期の血糖管理、死亡率低下に効果
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:J−DOIT3、合併症予防の研究 患者主体で治療強化
<関連記事>■意外と知らない「糖尿病」の知識
<関連写真>世界糖尿デー 彦根城などがブルーにライトアップ

<裁判員裁判>病気で弁護士遅刻 公判が1日延長 長野(毎日新聞)
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
スマイレージと真野恵里菜がジョイントライヴをスタート
友人や家族のパンツを食い込ませるイタズラ「ウェッジー」の写真いろいろ
<タクシー運転手殺害>メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
posted by ヨコヤマ タダシ at 13:23| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

<取調室禁煙>消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)

 「刑事さん、1本吸わせてくれよ」「悪いな、禁煙なんだ」。取調室を禁煙にする動きが各地の警察で広がっている。警察庁によると、これまでに15の都道府県警が取調室を禁煙にした。公共スペースの禁煙の動きが取調室にまで波及した形だ。4月には警察庁が取調室の禁煙の検討を全国の都道府県警に通達で要請した。だが「容疑者を落とす小道具としてたばこは必需品」などと、捜査への支障を心配する声は現場に根強い。果たして取調室の禁煙は全国に広がるのか−−。【合田月美】

 07年4月、愛知県警が、本部庁舎の建て替えをきっかけに取調室を全面的に禁煙にした。これを皮切りに禁煙化が各地で進む。警察庁によると、現在、警視庁と岩手、福島、富山、石川、福井、神奈川、岐阜、三重、滋賀、大阪、山口、沖縄、北海道の各道府県警に及んでいる。

 警察に逮捕された容疑者は「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、自費で購入したたばこを留置場の決められた場所で吸うことができる。喫煙時間や本数は警察署長の権限で制限され、留置場管理を担当する警察官が監視する。03年に「健康増進法」が施行され、不特定多数が出入りする公共スペースの禁煙化が進んだ。警察施設も例外ではないが、取調室は不特定多数が出入りする場所ではなく、「聖域」となっていた。

 警察庁は昨年11月、全国の都道府県警の留置場管理部門と刑事部門を対象に取調室禁煙化の賛否を問うアンケートを実施。留置場管理部門は全都道府県警が賛成する一方、刑事部門は一部の「態度保留」を除いて賛否が半々に分かれた。刑事部門に残る抵抗感が浮かんだ結果だが、警察庁総務課は「社会的な流れもあり、捜査優先だけを理由に取調室を聖域化するのはどうか」と話す。

 09年8月に禁煙にした石川県警は「捜査員も『心配したほどの支障はなかった』と話している。取り調べの適正化も一層進む」と話す。未実施の山梨県警は「禁煙が、法令で定められている容疑者の権利を侵すことにならないかを含めて検討中」という。千葉県警のあるベテラン捜査員は「たばこは容疑者の緊張をほぐすのに欠かせない。禁煙にすると取り調べがやりにくくなる」と言う。一方、警察庁のある幹部は「取調室の禁煙に反対するのは、捜査員自身が吸いたいという実情もあるのではないか」と話している。

 ◇取調室◇

 国家公安委員会規則で、容疑者の逃走や自殺の防止、換気や防音のための適切な設備を整えるよう定められている。机をはさんで調べ官と容疑者が向き合って座り、調べ官には補助者がつく。「取り調べの適正化」に取り組む警察庁は、09年度に約3億6000万円を投じ、机の下に遮へい板を取り付けたり、机の脚を床に固定する措置を講じた。調べ官の足が容疑者に当たったり、机が激しく動くのを防止するのが目的だ。

【関連ニュース】
舘ひろしさん 禁煙果たして、「格好いい」男に
たばこ:地味な白い箱に 若者の喫煙者減へ政府検討−−オーストラリア
神奈川県:全面禁煙、利用客に好評…屋内規制の条例1カ月
受動喫煙防止:職場は原則禁煙 厚労省、法制化を検討
質問なるほドリ:受動喫煙はなぜ悪いの?=回答・永山悦子

小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も(産経新聞)
福島、亀井氏に説明を=外相が首相に助言−普天間(時事通信)
「裁判員が写真見る」 女性暴行の被告、撮影し口止め(産経新聞)
国家公務員に希望退職導入 現職世代の給与引き下げも(J-CASTニュース)
直前まで居酒屋で口論、悲鳴 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)
posted by ヨコヤマ タダシ at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。